一生コンサドーレブログ #consadole


Where Are They Now? Junici Inamotoを翻訳してみた。


 He was Arsenal’s first ever Japanese player, signed in the summer of 2001 by manager Arsene Wenger for an undisclosed fee thought to be in the region of £3.5m. It seemed a fair amount of money for an unproven midfielder but the 21 year old had 22 senior caps for Japan and had come from J-league club Gamba Osaka, where he had helped the club win the Asian Cup and Kirin Cup.

アーセナルの初の日本プレーヤーであり、2001年の夏にアルゼン・ベンガー監督が契約を結んだと発表した。 まだ実績のないミッドフィールダーにとってはかなりの金額だったが、21歳の日本代表は22歳のシニアキャップを抱え、Jリーグのクラブガンバ大阪から来て、チームがアジアカップキリンカップに勝ち上がったのに貢献した。


Wenger had tracked the player for a while and had been impressed by what he had seen. Wenger felt that Inamoto was strong and a great passer and his enthusiasm and ability would strengthen the squad. Inamoto was obviously thrilled to be signing for the club although at the time did not speak a word of English.

ベンガーは彼をしばらく追跡していて、初めて見た時感銘を受けました。 べンガーは稲本をいいパサーだと感じ、熱意と能力がチームを強化するだろうと語った。 稲本は当時は英語を話せなかったが、明らかにクラブにサインすることに興奮していた。


With many feeling that the Japanese star was just brought in for shirt and ticketing sales, the Arsenal faithful believed that Wenger knew what he was doing. Besides the Frenchman had worked in Japan as manager of Nagoya Grampus so clearly knew the market.
But Inamoto failed to make his presence felt. He only managed four appearances for the club in total, two in the League Cup and two in the Champions League. But despite an increase that year in Japanese supporters attending games, Inamoto failed to make one appearance in the Premier League or the FA Cup.

アーセナルの人たちは、日本人のスターがシャツやチケット販売のためだけに持ち込まれたと感じていて、彼が何をしているのかを知っていたと信じていました。 フランス人は名古屋グランパスのマネージャーとして日本で働いており、市場をはっきりと知っていました。
しかし、稲本は自分の存在を感じさせることができなかった。 彼はリーグカップで2回、チャンピオンズリーグで2回、合計で4回の出場を記録した。 しかし、日本のサポーターがゲームに参加している年が増えたにもかかわらず、稲本はプレミアリーグFAカップで出場できなかった。


Unfortunately for the midfielder he left the club at the end of the 2001/02 season. However Inamoto starred for Japan at the 2002 World Cup and even scoring two goals in the group stages and you have to wonder how he failed to make more appearances for the club. What did not help Inamoto was the fact he was trying to break into a team who went on to win the double that year. It was a team filled with stars and Inamoto although a good player, probably at the time just was not good enough for Arsenal.

残念なことに彼は2001/02シーズンの終わりにクラブを去った。 しかし、稲本は2002年ワールドカップで日本に出場し、グループステージで2得点した。彼はなぜクラブに出場できなかったのか疑問に思う。 稲本は、その年2倍を勝ち取ろうとしたチームに絡めれなかった事実。 おそらく当時、アーセナルにとっては十分な選手ではなかったかもしれないが、稲本ふくむ有望株がいっぱいのチームだった。


Inamoto signed for Fulham after leaving Arsenal followed by West Bromich Albion. In 2006/07 he joined Galatasaray and played 25 times for the Turkish side before move to Germany and making 43 appearances for Eintracht Frankfurt. He left Germany in 2009 and moved to Rennes in France but only managed 5 matches for the french team before going back to Japan and playing for Kawasaki Frontale and finally Consadole Sapporo.

稲本はアーセナルとウェスト・ブロムヒル・アルビオンの後にフルハムと契約した。 2006/07年にはガラタサライに入団し、トルコで25試合プレーしてドイツに移り、アイントラハト・フランクフルトに43試合出場した。 彼は2009年にドイツを離れ、フランスのレンヌに移籍したが、5試合に収まり日本に戻って川崎フロンターレコンサドーレ札幌でプレーした。


But the player with bleached blond hair maybe deserved more of a chance at Arsenal. He could certainly pass a ball and had deceptive pace. He had great ability and was able to strike a ball from range extremely well.

しかし、金髪の選手は、アーセナルのチャンスをもっと得られるはずだった。 彼は確かにボールをパスすることができ、欺瞞的なペースを持っていた。 彼は素晴らしい能力を持ち、ボールを非常に上手く打つことができた。


Wenger had certainly seen a player with great ability but unfortunately he never had the chance to shine. We would have loved to have seen Inamoto play more more for the club, but if he was only signed for merchandising purposes then the role he played clearly worked out,  as shirt sales increased with his name on the back along with an increase in Japanese people attending games that season.

ベンガーは確かに素晴らしい能力を持つ選手を発見したが、残念なことに彼は輝く機会はなかった。 私たちは稲本がもっとクラブでプレーするのが望んでたが、マーケティングの目的で署名されていれば、彼の役割ははっきりと分かりました。 日本人はそのシーズンのゲームに出席する。


But I can’t help but feel we could of seen more from the clearly talented Japanese midfielder. If only he was given more of a chance, we may of seen just what Junichi Inamoto could actually do.

しかし、私は明らかに才能のある日本人のミッドフィールダーからもっと多くのことを学ぶことができたと思う。 もし彼がチャンスを与えられていれば、稲本潤一が実際にすることを見れてかもしれない。