一生コンサドーレブログ #consadole

コンサドーレ札幌について。

辛口採点でお馴染みの平川弘氏 実はツンデレだった?

 あ

 

www.hokkaido-np.co.jp


www.hokkaido-np.co.jp

 

▽第30節 札幌 2―1 FC東京 (21日、味の素スタジアム)

 アウェー戦で今季初の勝利。札幌はホームでしか勝てない“超内弁慶”ぶりだったが、ようやくその壁を突破した。

 前節(14日・厚別公園競技場)で、強敵の柏を撃破した自信に加え、敵地の味の素スタジアムに駆け付けた多くの札幌サポーターがアウェー初勝利を後押ししたのだと思う。スタジアムは、まるでホームかと見間違えるくらいの美しい「赤黒」が広がり、選手たちを勇気づけたのだ。

 FC東京を破ったことで、札幌は残留の法則である全34試合で勝ち点34というノルマをクリアした。残り4試合だが、13位札幌とJ2降格圏の16位広島との勝ち点差は7。データ的に4試合でひっくり返せる勝ち点差は4とされており、札幌のJ1残留の可能性が極めて高くなった、と言える。選手とともに、サポーター、私を含めたメディアも気を緩めずに残り試合を「戦う」ことが大事である。

 それにしても2試合連続2得点のジェイの決定力は素晴らしい。運動量は少なく守備での貢献度も低いが、ここぞという時にゴール前で仕事をしてくれる集中力、決定力は本当にすごい。これで出場10試合で6得点となった。途中出場した試合も多いのでかなりのゴール決定率である。ヘイスがいない中、都倉がしっかりと“脇役”をこなしているのも、ジェイが活躍できている要因である。

 今の札幌は5バックでしっかり守り、奪ったボールをチャナティップが運び、ジェイと都倉を狙って早めのクロスを上げるアーリークロスという戦い方がはまっている。次節(29日)の鹿島戦では、DFの昌子源と植田直通の日本代表コンビでも、札幌のアーリークロスは脅威のはずだ。(平川弘=サッカー解説者、元日本代表)

 

FC東京戦
選手名 出場 評価 ひとこと
GK
具聖潤 ミスパス1本あり
DF
菊地直哉 永井に奪われる処理ミス
横山知伸 相手の縦パス潰す
福森晃斗 FKで存在感
MF
早坂良太 穴空けず攻守に安定
河合竜二 採点不可
宮沢裕樹 goodスライディング
荒野拓馬 いいミドルだったね
石川直樹 最後は自分で打って
チャナティップ めちゃボール運ぶね
稲本潤一 戻って冷静ゴールカバー
FW
都倉賢 2アシストも失点に絡む
ジェイ 脱帽の決定力
金園英学 相手ボールを追い気持ち見せる

※出場は◎フル出場▽先発途中交代▲途中出場
 評価はA大変良いB良いC普通D悪い、―は採点不可

 

毎度お馴染み道スポの平川弘による辛口採点。

 

試合を見てたらわかるんですけど菊池D評価はおかしい。確かに一回危ないシーンはありましたが、それ以外ほぼ完璧。そもそもジェイ以外C評価って言うのも変。

 

 

すると平川氏の息子さんがこんなツイートを。

 

 

もしかしてツンデレ?

 

多分仕事上辛口でいなきゃいけないんだろうけど、素直になってくれ。